安全性に対する取り組み

 

東交観光バス株式会社では、『貸切バス事業者安全性認定評価制度』の認証を通して、安全性確保に対する取り組み状況を公表するともに、さらなる安全性を目指して、運転者の安全教育、健康管理、車両の点検整備など各種の安全対策に積極的に取り組み、輸送サービスの提供に努めております。

 

 

 

《貸切バス事業者安全性評価認定制度とは》

   日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の

    確保に向けた取組状況について評価認定を行い、これを公表するものです。

    2011年度(平成23年度)から運用を開始しました。 

    これにより、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択し

    やすくするとともに、本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に

   向けた意識の向上や取り組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの

    提供に寄与することを目的としています。

 

 

 

《貸切バス事業者安全性評価認定制度のシンボルマーク》

         

       このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択

       できるよう、安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示す

       シンボルマークです。

    「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全に対して弛まぬ努力をし続けて

       いるバスを意味します。

    「SAFETY BUS」シンボルマークの星の数は、初年度は1ツ、2年ごとの認定

       審査の際に取組状況により星が追加され、最高は3ツ星となります。

   

              東交観光バス株式会社では 2012年(平成24年)9月に「1つ星」の

     認定を、また2014年(平成26年)9月には「2つ星」の認定を受け、  

     シンボルマークの交付を受けてきました。

 

     さらに、2016年(平成28年)9月には、安全性評価の最高ランクである

     「3つ星」の認定を受け、シンボルマークの交付を受けました。

 

《主な評価認定項目》

     1.安全性に対する取り組み状況

   2.事故及び行政処分の状況

   3.安全輸送マネジメントの取り組み状況

 

 

  東交観光バス株式会社では、今後も「安全輸送の確保」を最優先に、ご利用いただく

  お客様に「安全・安心・快適」なバスの旅をご提供するため、全社一丸となり取り組ん

  でまいります。

  貸切バスをご用命の際には、『貸切バス事業者安全性評価認定制度』で認定を受け

  ました、東交観光バスの貸切バスを、ぜひお選びください。

 

 

平成289月        

東交観光バス株式会社