運輸安全マネジメントに関する取り組み

 

 東交観光バス株式会社は、安全輸送を確保するため、役員及び全従業員

 

が一丸となって取り組み、お客様に快適な輸送をご提供いたします。

 

 

 

 

 

安全方針

 『毎日が交通安全運動』

    人身事故ゼロ 

    思いやり運転の励行

   ◎ 法令順守

 

 

 安全宣言

   毎月15日を東交(105)の日

       として安全宣言日と制定

 

 

 

 

運輸安全マネジメント

              

1.輸送の安全に関する基本的な方針

 

(1)社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。

   また、安全管理体制が適切・円滑に運営されるように各部門に対して、確実な指示を行います。

 

(2)社長は、営業現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を踏まえつつ、全従業員に対して輸送の安全確保が最も重要であるという『安全最優先』の意識を徹底させます。

 

(3)会社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act )を確実に実施し、安全対策の不断を見直すとともに全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

 

 

2.輸送の安全に関する重点施策

 

 輸送の安全に関する方針に基づき、次に掲げる事項を実施いたします。

 

(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守いたします。

 

(2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行ない

  ます。

 

(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正・改善措置及び予防措置を講じます。

 

(4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を速やかに伝達し、共有いたします。

 

(5)輸送の安全に関する教育及び研修の具体的な計画を策定し、これを適格に実施いたします。

 

(6)産業医の指導のもと、健康管理の充実により事故防止を図ります。

 

 

 

3.輸送の安全性に関する目標と達成状況

 

(1)有責重大事故「ゼロ」

 (目標)

 重大事故件数

 

  0件

 (実績)

平成25年度

重大事故件数 0件

(有責事故 10件

 

平成26年度

重大事故件数 0件

(有責事故 10件)

 

平成27年度

重大事故件数 0件

(有責事故 3件) 

 

(2)飲酒運転の防止

飲酒運転防止のために、乗務前の点呼で文書による申告とアルコール検査を実施しております。 また、宿泊稼働等で対面点呼を行なえない時はテレビ電話と検査器を用いたアルコール検査を行ない、飲酒運転を防止しております。

 

(3)「ヒューマンエラー」による事故の防止

講習会の中で最近の「ヒヤリ・ハット」事例をあげて共有化し、その後に活かすように周知徹底を図っております。

 

(4)乗務員の教育

    所轄警察署の交通課に指導いただき、安全運転教育を年に2

   以上行っております。

 

 

 

 

所轄警察署交通課の指導による

安全運転技術向上の講習会

 

ドライブレコーダーの画像で

「ヒヤリ・ハット」事例の共有化

 

(5)運輸安全マネジメント体制の維持

 運輸安全マネジメント体制を維持するための必要な教育の実施と適正な人員配置をいたします。

 

(6)内部監査及び法令遵守に関する業務監査の実施

 東京バス協会の安全性向上コンサルティング調査を実施して外部

機関によるチェックと他部署による内部監査を実施して、業務改善

しました。

 

 

4.輸送の安全に関する計画

 

 輸送の安全に関する目標を達成すべく、次のとおり輸送の安全に関する計画を策定いたしました。

 

(1)教育関係

   安全管理体制の構築・改善に必要な教育を実施するために、教育実

  施者(安全統括管理者)を外部セミナーに参加させて知識の向上を図

  り、以下の教育を実施します。

 

   ①乗務員に対しては、年間教育計画に基づき教育を実施

   ②指導運転士による実車を使用した実技教育により、運転技術

    の向上

   ③適性診断の計画受診、受診結果を基にした事故防止の指導

   ④健康診断の受診による健康管理の指導

 

 

     

       平成28年 運転者年間教育計画

 

 教 育 内 容

1月

運転に関する関係法令等(道路交通法、道路運送法、運輸規則等)

交通事故に関わる運転者の生理的・心理的要因と対応方法

2月

事業用自動車の構造上の特性及び日常整備点検

3月

事業用自動車の運転時の心構え

接遇・マナーの向上対策

4月

事業用自動車の運行及び旅客の安全を確保するために遵守すべき

基本的事項  春の交通安全運動の実施項目

5月

乗務員の健康管理と生活指導(定期健康診断の受診を含む)

6月

非常信号用具・消火器及び非常口の取扱い

7月

運転者の道性に応じた安全運転・交差点における安全運転

8月

乗務記録等帳票類の記載方法

9月

旅客が乗降する際の安全を確保するための留意点

秋の交通安全運動の実施項目
10月

服務規律等社内規定の遵守

道路及び交通の状況
11月 事故防止研究(降雪等異常気象時における安全運転)
12月

年末年始輸送安全総,点検の実施項目

危険予測及び回避について

 

  ※冬期の急な積雪にも対応できるように、タイヤチェーンの点検、

   装着研修を事前に行ない準備しております。

            

 

 

(2)内部監査

  自社の監査員を選任して実施。 監査は以下の項目で行う。

   経営トップのコミットメント

   PDCAサイクルの実施状況

   関係法令の遵守状況

   安全管理規程等への適合性

   重点施策等の実施状況及び有効性

   安全管理体制に係る規程類の作成及び維持管理

   前回の指摘事項に対する改善状況

 

 

(3)安全運動

   ①春の全国交通安全運動(4月初旬)

   ②夏の事故防止運動(7月)

   ③秋の全国交通安全運動(9月下旬)

   ④年末年始自動車輸送安全総点検運動(12月上旬~1月上旬)

 

(4)経営トップによる立ち会い指導

  経営トップによる現場視察により潜在的課題を共有し、安全最優先の原則の徹底、現場との双方のコミュニケーションを確保して風通し良い社風を構築

 

【安全の輸送に関する費用実績】

 

平成27年度実績額  1,101万円

             新車購入費は含まず

 

(内訳)

  ① 設備の改善  746万円

デジタルタコグラフ、ドライブレコーダーの装着等

(平成27年度は、杉並営業所の全車両33台にデジタル

 タコグラフとドライブレコーダーを装着しまた。)

 

     ② 安全に関する費用  355万円

        健康診断、睡眠時無呼吸症候群のリスニング検査、

        研修費用等

 

   

就寝時に検査機器を

装着してのリスニング検査

 

5.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

 

 運輸安全マネジメント体制組織図及び事故処理連絡体制により迅速に対応します。

 

 

6.安全管理規程

 

 社長は輸送の安全の確保に関する最終的な責任を有する。

 また、輸送の安全の確保を遵守するために安全統括管理者を選任して

 

  ① 輸送の安全の確保するための施策・目標及び計画を策定して、

   管理体制を維持する。

 

  ② 関係法令等の遵守と輸送の安全の確保が最も重要であることを

   全従業員に徹底させるために、必要な教育や研修を行う。

 

  ③ 輸送の安全の確保するために、運行管理と整備管理が適正に

      行われるように運行管理者及び整備管理者を統括管理する。

 

  ④ 輸送の安全の確保の状況を把握するために、定期的に内部監査

      を行い社長に報告し、改善することがあれば意見を述べる等を

      行い、改善策を講じる。

 

 の責務を与え、輸送の安全性の向上を図る。 

 

 

 

  安全統括管理者に係る情報

 

    安全統括管理者 渡辺 浩幸

 

 

 7.輸送の安全に関する内部監査及び改善措置

 

(1)内部監査での指摘・改善事項は監査報告書にして、社長に結果報告

   する。

 

(2)安全統括管理者は、監査報告書の指摘・改善事項の必要性等を検討して、経営トップに課題、提案を含めて報告する。

 

(3)常に見直しを実施し、継続的改善して安全指針等の改訂を行う。 

 

 

 

       

 

                       平成28年4月15日

 

東交観光バス株式会社  

代表取締役 濱野 徳司